ホーム コラム AppleのコンピューターMacintoshからMacへの変遷

AppleのコンピューターMacintoshからMacへの変遷

223
0
Macintosh Apple Mac PCカフェ

Maintosh(マッキントッシュ)はいつからMac(マック)へ?

Apple社のパーソナルコンピューターは、1984年の初代モデル以来、Macintoshという名称で親しまれてきました。しかし、現在ではMacという短縮形で呼ばれることが一般的です。この名称変更は、Apple社の歴史と製品戦略の変化を反映しています。

Macintoshの誕生と成功

Apple社は1976年4月、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックそしてロナルド・ウェインの3人で創業した米国カリフォルニア州の会社です。当初発売していたのは、Apple I と呼ばれるコンピューターで、その後はApple IIを発売しコンピューターの個人ユースの世界を広げてきました。

AppleII Macintosh マック PCカフェ
つくば市のCYBERDYNE社の展示ブースに飾られたApple初期のコンピュータ

1984年、Appleは革新的なパーソナルコンピューター「Macintosh」を発表しました。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を採用し、直感的な操作を可能にしたMacintoshは、当時のコンピューター市場に大きな衝撃を与えました。

Macintoshは、Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズが特に力を注いだ製品であり、彼の完璧主義的なこだわりが随所に反映されていました。名前の由来は、Apple社員ジェフ・ラスキンが好んだリンゴの品種「McIntosh」に由来しています。

しかしMacintosh発売後、1985年にジョブスは経営陣らとの対立により、役員を解任されAppleを離れることになります。

MacintoshからMacへ

1997年、スティーブ・ジョブズがAppleに復帰すると、製品ラインナップの簡素化が進められました。iMac、PowerBook、MacBookなど、Macintoshシリーズの各モデルは、Macという名称で統一されるようになりました。この前の年までは、OSもSystem7、日本語版は「漢字Talk7.5」などと呼ばれていましたが、以降はMacOSに統一されていきます。

これは、より親しみやすく覚えやすいブランドイメージを構築するための戦略でした。Macという短縮形は、すでに多くのユーザーが日常的に使用しており、より自然な呼び方として定着していました。

Macの進化と多様化

2000年代に入ると、Macはさらに進化を遂げました。Intelプロセッサの採用、Mac OS X(現macOS)の登場など、技術的な革新が相次ぎました。同時に、iMac、MacBook Air、MacBook Proなど、多様なモデルが登場し、ユーザーのニーズに応えるラインナップが構築されました。

Macは、デザイン性、使いやすさ、性能のバランスが評価され、クリエイティブなプロフェッショナルや一般ユーザーから幅広い支持を得ています。

MacintoshからMacへ、そして未来へ

MacintoshからMacへの名称変更は、Apple社の歴史におけるターニングポイントの一つです。それは、製品戦略の変化、ブランドイメージの刷新、そしてユーザーとの関係性の進化を象徴しています。

Mac Macintosh PCカフェ 2011年10月5日、創業者であり、一度はAppleを追われたスティーブ・ジョブズが亡くなりました。Macへと改名後、ジョブスの一番の理解者でもあり、先進的なデザインをけん引してきたジョナサン・アイブ氏も2019年にAppleを去り、Appleは更なるターニングポイントを迎えたと言えます。

以降、iPhoneなどで最高益をたたき出すも、Vision Proのような製品をリリースするなど、出てくる製品へのイノベーションを感じないAppleファンは少なくありません。ジョブスが生きていたら今のVision Proをリリースしたでしょうか。

関連リンク