インターネット検索

▼コラム

パソコン・ニュース

Google Chromeブラウザで文字入力ができない問題

0
なぜか文字が入力できなくなった Google Chromeブラウザにおいて、アドレスバー、検索フォームなどで文字入力が行えなくなる事象が発生しました。 対応策を試してみます これまでにChromeブラウザにおいて、文字が入力できなくなる事象が各種報告されました。さまざまな対応策が報告されていますが、以下の主だったものを試しましたが、改善されませんでした。 Chrome拡張機能の影響 → 拡張機能をひとつづつOffにして原因となるものを特定する。 今回は対象となるものはありませんでした。 Flashを無効にする → 最新のChromeではこの設定がないので対象外。 Chromeの再インストール → 改善されず。 日本語入力(IME)を別のものを使用する → Google日本語入力を入れたものの改善せず。 スタートアップに「ctfmon.exe」を登録する → 今回は改善されず。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 原因特定。犯人は「Windowsのナレーター」 上記の対応策を試している中、Windowsの常駐アプリケーションの中に気になるものを見つけました。 ↓ ↓ 常駐アプリの中に「ナレーター」が起動していました。 このナレーターというのは、画面上の文字を読み上げてくれるWindowsの機能なのですが、どうやらChromeブラウザとの相性がよくないようで、このナレーターをパソコン起動時に立ち上がらなくしたところ、Chromeブラウザでの文字入力が復活しました。 複数の環境で再現されたので、お困りの方はこの方法で改善する可能性があります。 また、今回は事象が発生したパソコンが高齢者の方のパソコンであったため、お伺いしたところ「読んでくれて便利なので使用していた」との事でした。 さすがに文字が打てないと使いにくいので、Chrome側で改善策が出るまで以下の設定を行って、文字が入力できなくなる事態を回避することにします。 ナレーターをパソコン起動時に立ち上がらなくする方法 Windowsキー → 設定(歯車マーク) → 簡単操作 → ナレーター の順に開いていきます。 ナレーターの設定画面にある「サインイン後にナレーターを開始する」にチェックがついているとWindows起動時にナレーターが自動起動してしまうので、チェックを外します。 チェックを外したら設定画面右上の「×」ボタンをクリックして設定を終了します。 終了後、パソコンを再起動してから、右下の常駐アプリに「ナレーター」が起動状態になっていないことを確認します。 確認後、Chromeブラウザで文字入力が行えるようになったことを確認します。 実際には文字が打てない、わけではない 複数のパソコンで事象を確認していたところ、ナレーターが読み上げる位置を正しく認識できる(文字入力のカーソル位置にくるとき)ときは文字が打てなくなくもない、という状況でした。 文字入力のカーソル位置にナレーターの読み上げ枠がちゃんと移動した場合は文字入力ができる、ということもあり、Chromeブラウザとナレーターの相性みたいな部分もあるのかな、と思います。 ちなみに、Edgeブラウザの場合、文字を入力するためにカーソル位置をマウスクリックで指定すると、その位置にナレーターの読み上げ枠もピシっと移動します。 解決策は一つではないけれど 世の中には多くの方がトラブル事象と改善策を提供しています。 今回の記事により、お困りの方をお一人でも助けることができましたら幸いです。 ...

iMac 2010のHDDをSSDに交換!

0
古くなって動きが遅くなってきた2010年型のiMacのハードディスクをSSDに交換して、快適な環境を手に入れるための改造を行います。
スリープ解除後に画面がない原因

スリープ解除後に開いていた画面が消えてしまった原因 【 Windows 】

0
原因不明の現象 Windows を使っていて、少し席を離れている間にスリープ状態となり、戻ってスリープ解除したけど「開いていた画面がない!消えてしまった?!」という問題がおこりました。その時に試した方法や、原因、解決した方法をご紹介したいと思います。勘の良い方ならすぐにお分かりかもしれませんが、パソコン初心者にはあるかもしれない事件?かもしれませんので、良かったら最後までご覧ください。 試した事 ~その1~ タスクバーでアクティブ状態にして「Alt + スペースキー → M 」を押してマウスを動かすと左右上下のどこからかからカーソルが出てきます。 この時のカーソルは「矢印」ではなく「十字」で、もしマウスを動かしたときにカーソルが左から出てきたなら左に画面が飛んでしまっている状態なので、カーソル「→」で移動します。 そうすると無事に画面が正面に戻ってきました。戻ってきたところで Enterキーを押して移動完了です。 試した事 ~その2~ 無事に画面が戻りました。しかし、スリープ状態になってからスリープ解除になった時に、また画面がなくなっていました。 「こんなの毎回やってたら大変だから正面に固定したい」と思ったので、デスクトップ画面上で、右クリック > ディスプレイ設定 をしました。 しかし、どこを見ても固定できるようなところもなく、結局解決には至りませんでした・・・ ディスプレイ設定で確認 色々いじくって見たりネット検索しましたが原因が分からず・・・しかし、ディスプレイ設定の中で気になるところがありました。モニターは1つしか使用していないのに、ディスプレイがなぜか2つ表示されているのです。 あれ?と思って、2の方を選択して「識別」を押してみると画面左下に大きく「1」が表示されました。 じゃあ、1だとどうなるの?と思って今度は1を押すと、また「1」と大きく表示されました。 なんで??と思いながらも「2」を選択した状態で設定を終えたのですが、またスリープ状態から戻ると画面が消えていて、Alt + スペースキー → M → カーソルで移動して戻しました。   しかし、今までは左側に隠れていた画面が今度は右側に隠れていました。 「いい加減、この辺で気付け」と解決した今では思いますが、この時点では分かりませんでした。 原因判明・解決 悩んでいたところにボスが現れたので、この謎の現象を説明したのですがボスにもこの現象自体が分からないようで、どうしようかと思っていた時にボスが何かを見付けました。 「なんでHDMIケーブルが2つ挿入されてるの?」 モニタは1つしかありません。 しかし、ケーブルは2本挿入されていたのです。 挿したのは誰・・・? ・・・私です。 最近、パソコンを配置する場所を変えたので、パソコンにケーブルを配線する時にケーブルが2本あったので2本とも付けてしまったのです。 余分なケーブルを抜いて再度ディスプレイ設定を確認したら、2つあったモニターの表示が消えていました。 スリープ解除してもデスクトップから画面は消えません。 こうして無事に問題は解決しました。 1モニター / 1HDMIケーブル 今回のこの現象はネットで検索しましたが、似たような事例は見つかったものの、同じ事例は見つかりませんでした。 ということは、こんな初歩的な間違いをしてしまうのは私くらいかもしれませんが、もし同じような現象が起こった時には、モニターが1つしかないのであれば、HDMIケーブルが多く挿入されていないか確認してみてください。

Googleマップで行動履歴を確認してみよう!

0
各地でコロナの感染者が出ていますが、みなさんは、自分の行った場所など行動履歴を覚えていますか? スマートフォンアプリの「Googleマップ」を使用すると、行動履歴を記録した「タイムライン」で自分の行動履歴を確認することができます。iPhoneでもAndroidでも「Googleマップ」アプリがありますので、その使い方について、説明していきます。 今回は、Androidのスマホで操作していますので、映像は、すべてAndroidのものになります。「Googleマップ」は、知っているけど、行き方が分からないときにしか利用していない!という方も多いのではないでしょうか。「Googleマップ」で自分の行った場所を表示することができます。 では、行動履歴を確認してみましょう。まずは、「Googleマップ」を開き、自分のアカウントでログインします。 名前のアイコンをクリックして、「タイムライン」を表示し、クリックします。すると、自分のその日の行動が表示されます。日ごとの移動経路や移動距離を確認することができます。「タイムライン」の内容は、非公開になっていて原則自分しか見ることができません。「タイムライン」で行動履歴を残すには、「現在地」と「ロケ―ジョン履歴」がオンの状態でなければなりません。もし、表示されなかった場合には、「現在地」と「ロケーション履歴」の確認をしましょう。 まずは、「タイムライン」を開いて、右上の三つの点をクリックします。 表示された「設定とプライバシー」をクリックします。個人的なコンテンツの中から「位置情報」と「ロケーション履歴」がオンに表示になっていることを確認してください。オフの場合は、オンに変更をしてください。日付で検索する他にも行った先のスポットや都市などでも検索することができます。表示されているタブをクリックして、表示してみてください。こちらも活用してみてください。
Googleグループが新Googleグループになりました。

新Googleグループが登場!早速チェック!

0
長年、インターフェイスを変えることなく提供されてきたGoogleグループですが、2020年3月にベータ版がリリースされ、2020年6月から順次 正式なリリースとして新しいGoogleグループに切り替わっていくようです。