ホーム Linux CentOS 7にPHP7をインストールする方法

CentOS 7にPHP7をインストールする方法

1570
0

CentOS7では、yumでインストールすると標準でphp5.4がインストールされます。
ここでは、最新版のphp7をインストールする方法をご紹介します。

リポジトリの追加

EPELとRemiのリポジトリが必要となりますので、以下のコマンドでリポジトリを追加します。

EPELリポジトリ

#yum install epel-release

 

Remiリポジトリ

#rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP7のインストール

ここで、phpで必要最低限必要になる関連モジュールも一緒にインストールを行います。

yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

データベースも使用するのであれば、php-mysql も追加します。

インストール後のバージョン確認

php -v

上記のコマンドを使用することで、インストールされたバージョンを確認することが出来ます。

PHPの設定変更

phpでは、以下の階層にphpの設定ファイルが配置されます。
以下の通り最低限設定を行いましょう。

まず、デフォルトで設定されているphp.iniのバックアップを行い編集を行います。

# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.old
# vi /etc/php.ini

必要最低限設定を以下の様に変更します。

date.timezone = "Asia/Tokyo"
output_buffering = Off
output_handler = none
default_charset = UTF-8
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none

最後にApache及びnginxを再起動しましょう。

#Apacheの再起動
#systemctl restart httpd

#nginxの再起動
#systemctl restart nginx

[ad#g]

[ad#g]