ホーム ICT用語集 仮想通貨(Virtual Currency)

仮想通貨(Virtual Currency)

84
0
PCカフェ 仮想通貨 PC CAFE

デジタルデータ化された通貨

仮想通貨は、インターネット上でやり取りできるデジタルなお金のようなものです。現金やクレジットカードとは異なり、実体はありませんが、お店での支払い、送金、投資など、様々な用途で使われています。

仮想通貨の特徴

  • デジタル資産: 実体がないため、インターネット上で管理・保管されます。
  • 分散型: 特定の国や企業が管理するのではなく、世界中のコンピュータネットワークで管理されます。
  • 暗号技術: 安全性を確保するため、高度な暗号技術が利用されています。
  • 価値の変動: 需要と供給によって価格が変動するため、投資対象としても注目されています。

代表的な仮想通貨

  • ビットコイン -Bitcoin (BTC): 最初の仮想通貨であり、最も知名度が高く、時価総額も最大です。
  • イーサリアム -Ethereum (ETH): スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを実行できるプラットフォームであり、様々なアプリケーション開発に利用されています。
  • リップル -Ripple (XRP): 国際送金をより早く、安く行うことを目的とした仮想通貨です。
  • その他: 数多くの仮想通貨が存在し、それぞれ独自の技術や特徴を持っています。

仮想通貨の歴史

仮想通貨の歴史は、2009年にビットコインが誕生したことから始まります。ビットコインは、サトシ・ナカモトという謎の人物(またはグループ)によって開発され、その革新的な技術と分散型の仕組みが注目を集めました。その後、様々な仮想通貨が登場し、技術も進化を続けています。

仮想通貨の技術

仮想通貨の基盤となる技術は、ブロックチェーンと呼ばれています。ブロックチェーンは、取引データをブロックと呼ばれる単位で記録し、鎖のように繋げていくことで、改ざんが非常に困難なデータベースを形成します。この技術により、仮想通貨の安全性が確保されています。

blockchain ブロックチェーン PCカフェ PC Cafe

仮想通貨は、ITに詳しくない人にとっては、難解で理解しにくい概念かもしれません。しかし、インターネット上でやり取りできるデジタルなお金という基本的な理解から始め、代表的な仮想通貨とその特徴、歴史、技術について学ぶことで、仮想通貨の世界をより深く理解できるようになるでしょう。

関連リンク