ホーム Googleクラウド Windows版Google Chromeに搭載されている「有害ソフトスキャン検索・削除」機能

Windows版Google Chromeに搭載されている「有害ソフトスキャン検索・削除」機能

161
0
シェア

Google が提供している高速ブラウザ「Google Chrome」。Googleのクラウドサービスとも親和性が高く、表示も早いことから人気のブラウザになっていますが、このブラウザに意外と知られていない便利な機能「有害ソフト検索機能」があります。

Google Chromeの設定画面に入っていて、オンラインスキャンをかけて有害ソフトウェアを検出し、削除まで行ってくれるという便利なものになっています。有害ソフトウェアは様々な経路でWindowパソコンに入ってくるため、セキュリティソフトなどが入っていてもいつの間にか入ってきてしまう事もあります。

操作は簡単で、動画にもあるように、Google Chromeの右上にある3つの点のボタンをクリックしてメニューをだして「設定」をクリックします。

「設定」が開いたら画面下までスクロールさせて「詳細設定」をクリックするとさらにメニューが開きます。

さらにスクロールして「パソコンのクリーンアップ」をクリックします。次の画面では「有害なソフトウェアを探して削除します」という項目がありますので「検索」ボタンをクリックすると有害なソフトウェアをパソコン上で検索します。

詳しくはページ先頭の動画にて操作をご覧ください。