2009年に行われたレイ・カーツワイルによる「シンギュラリティ」の講義

2009年の段階でレイ・カーツワイルが講演した、今後現れるシンギュラリティについてです。

89
0

レイ・カーツワイルがシンギュラリティ大学で2009年に行った講演です。

レイ・カーツワイルは、アメリカの発明家、思想家、未来学者であり、人工知能(AI)研究の世界的権威として知られています。彼は、技術的特異点(シンギュラリティ)という概念を提唱し、AIが人間の知能を凌駕する未来を予測しています。カーツワイルは、OCRソフトやシンセサイザーなど、数々の発明で知られており、著書『スピリチュアル・マシーン』や『ポスト・ヒューマン誕生』などで、未来技術や人類の進化について論じています。

彼はまた、不老不死を追求しており、健康管理に熱心に取り組む一方、将来的には機械の体に移行することを望んでいます。カーツワイルの予測は楽観的すぎるという批判もありますが、彼の先見性は多くの人々に影響を与えています。