ホーム インターネットサービス Google 5分でわかる!Google Apps Script

5分でわかる!Google Apps Script

79
0

日々たくさんのGoogleサービスを利用していると、日常的に行う単純作業を自動化したいと思ったことはありませんか?

そんな悩みを解決してくれる方法のひとつが Google Apps Script です。

Google Apps Scriptとは?

Google Apps Scriptとは、Googleが提供するプログラミング言語で、JavaScriptというプログラミング言語をもとに作成されています。簡単なプログラムを記述し実行することで、複雑な処理の自動化を行うことができます。

無料で利用することができ、Googleアカウントがあればだれでも利用することができます。

プログラミングについて学んでみたい人にもや便利ツールなどがあるので、プログラミング学習に最適です。

Google Apps Scriptの活用

Google Apps Scriptでは、複数のGoogleのサービスと連携し、以下のようなことができます。

Google Appsの機能拡張

  • メールの自動送信・返信
  • Gmailをラベルごとにスプレッドシートにまとめる
  • スプレッドシートとカレンダーの連携
  • スプレッドシートでオリジナルの関数を作成する
  • ドキュメントの英文Google翻訳を使って日本語に自動翻訳する

など可能性は無限大です。

Google Apps連携サービス

Google Apps Scriptは以下のGoogle提供サービス(Google Apps)と連携することができます。

  • Gmail
  • Google ドライブ
  • Google スプレッドシート
  • Google ドキュメント
  • Google スライド
  • Google マップ
  • Google カレンダー
  • Google フォーム
  • Google 翻訳

Googleサービス以外のツール連携

Google以外にも、各Webサービスが提供しているAPI等を利用すれば、それらのツールとも連携することができます。

  • Twitter
  • チャットワーク
  • LINE
  • IFTTT
  • Slack

外部のチャットツール(Slack、Microsoft Teamsなど)と連携すれば、「特定の相手からのメールをSlackで通知する」、「今日のGoogleカレンダーでの予定をTeamsで通知する」といった活用もすることができます。

プログラムの自動化

通常パソコンで作成したプログラムはパソコンの中にデータが保存されているため、電源を切るとプログラムを実行させることができません。しかしGoogle Apps ScriptはデータがGoogleのサーバーに保管されているため、24時間いつでも実行することができます。これにより定期的にプログラムを実行するといったことが可能になります。

例えば

  • 毎日15時に特定の人物にメールを送信する
  • ニュースの情報を朝10時に取得しチャット送信

など自動で行うことができます。

まとめ

今回はGoogle Apps Scriptの特徴についての説明を行いました。
このスクリプトを活用することで、単純作業などを自動化することができ、作業効率UPにつながります。これからいろいろなGoogle Apps Scriptの使い方を紹介していきますので、皆さんもぜひ参考にしてみてください。

Google Apps Scriptは無料かつ簡単に始めることができるので皆さんもぜひこのサービスを使って快適なGoogleライフを送ってみてください。

前の記事Googleドライブのデータを別のアカウントへ移行
次の記事Googleスプレットシートの予定表をGoogleカレンダーへまとめる方法