Gmail on PC-CAFE

Gmailの操作いろいろ

Gmailの「情報保護モード」が正式リリース

0
Gmailからの情報漏えいを「情報保護モード」送信で防ぐ 2019年6月25日からGmailの新たな機能「情報保護モード」が正式リリースされます。  情報保護モードで送信されたメールについて、受信者は以下の操作を行えません。 メールや添付ファイルの転送(返信はできます) メールを第三者への転送から保護します。 メール、添付ファイルのコピー 複製データをコピーしての再利用などを防ぎます。 メール、添付ファイルの印刷 印刷物になった情報が外部に持ち出されることを防げます。 メール、添付ファイルのダウンロード  データの再利用、USBメモリ等へのコピー、意図しないアップロードや転送などを防ぎます。  第三者へのメールの漏洩、添付データの流出(データ及び印刷された紙媒体)を防ぎたい内容を送信する際に有効です。  送信時に特に何も設定せずにメールを作成・送信した場合は情報保護モードは設定されません。必要時に忘れずに設定しましょう。 情報保護モードを使用してメールを送信するときは以下の設定が必要となります。 メール開封・閲覧可能期間の設定 (設定期限を過ぎると受信者は当該メールを閲覧できなくなります。) 受信者にメール開封用のパスコードの送信 (携帯電話のSMSでパスコードを相手に送信、受信者はそのパスコードを入力しないとメールが開封・閲覧できません。設定しなくても大丈夫です。)  送信者が情報保護モードで送信しなかった場合、受信者は従来どおり上記の操作が行なえます。  なお、有償版のG Suiteの標準状態では情報保護モードでのメール送信機能利用は「有効」になります(すべてのメールが情報保護モードで送信されるわけではなく、機能を利用して送信するかどうかをメール作成時に選択できるかどうか、の意)。 無償版については全ユーザーで利用できます。  G Suite利用中のドメイン全体で情報保護モードを一切利用しない場合は「無効」にすることも可能ですが、送信時に選択できるので通常は「有効」に設定しておくことをおすすめします。  ドメイン全体の情報保護モードの利用については管理コンソールから変更可能です。情報保護モードを設定すると図のように「情報保護モードの設定」が表示されます。SMSでパスコードを送信する設定にした場合、メール送信時に「相手の携帯電話番号」を入力する画面になります。間違えがないように入力してから送信しましょう。 受信者側の画面 受信したメールを開くと「情報保護モード」で送信されたメールであると表示されます。送信者が入力した携帯電話番号にパスコードを送信するというメッセージが表示されます。「パスコードを送信」をクリックすると携帯電話にパスコードが通知されます。携帯電話のSMSで受信したパスコードを入力して「送信」をクリックします。 パスコードが正しいことが確認されるとメールが表示されます。

GMO系のサーバーからGmail(G Suite)へメールが届かないときの対策(臨時措置)

0
2019年4月16日くらいから「発信元がGMOのサーバーからのメールがGmail宛に届かない」という障害が出ているようです。 事象としては、GMOが管理するIPアドレスのどこかから不正なメールが大量送信されて、Spamhausと呼ばれるインターネット上で不正メール情報を共有するデータベースに「IPアドレス153.122.*.*のメールは不正なメールかも知れないので受信しないように」といった内容でデータが公開されました。 そのデータベースを基準にして迷惑メール処理を行う受信サーバーにおいてGMOのIPアドレスからのメールを拒否する挙動が見られました。 この影響で、Gmailでも「GMOが管理するIPアドレスからのメールは信頼性が低そうなので拒否する」という内容(推測です、Googleでどのように判定しているかはわかりません)でフィルタリングされてしまい、Gmail(無料版、G Suite版)でGMO系のサーバーからのメールが受信拒否になっているようです。 今回はG Suiteの管理コンソールからGMOが管理するIPアドレスに対して受信制限を設定により回避して、GMOサーバーからのメールを受信できるように設定してみます。 *設定例ではGMOが管理するほぼすべてのIPアドレスに対して自動拒否設定を解除します。このIPアドレス範囲から不正なメールが送られた場合、Gmailのセキュリティフィルタが無効になります。なりすましメールなども受信してしまうかも知れません。この点を理解できる方のみ設定を行ってください。また、必要なIPアドレスの範囲を調べて設定することをおすすめします。 *無料版のGmailでは管理コンソールがないため、これらの設定は行なえません。G Suiteの契約者の方を対象にした内容です。 *GMO系のサーバーは不正利用された被害者です。現在、対策を行っているようです。 (2019年4月23日現在の障害情報 https://support.gmocloud.com/info/detail.php?no=1555381443 )「受信ゲートウェイ」という項目があります。マウスを合わせると右側に「設定」というボタンが表示されるのでクリックして設定を始めます。IPアドレスの範囲は 「 153.122.0.0/17 」を入力します。これで155.122.0.1~155.122.127.254のIPアドレスからのメールをSPFレコードなどのチェックをせずに受信します。「外部IPを自動検出(推奨)」にチェックを入れます。 入力が終わったら必ずウィンドウ右下の「保存」ボタンをクリックして保存しましょう。これを忘れると設定が保存されません。この設定を行うことによりGMO系のサーバーを送信メールサーバーにしているメールの受信をG SuiteのGmailで行えるようになります。 Googleのフィルタが「153.122.0.0/17」のIPに対してフィルタ解除がされるのがいつになるのか不明ですので、当面はこの設定で受信するようにしましょう。 GMOから「Gmailに対して正常に送信できるようになった」とのアナウンスが出たら上記の設定は削除して、いままでどおりGoogleのセキュリティフィルタを活用しましょう。今回の例のほか、信頼する相手からのメールを自動で拒否してしまうときなどはこれらの設定で改善する場合があります。正しい設定を行って安全なレベルを見極めた運用をしましょう。 参考:受信ゲートウェイの設定(Google)https://support.google.com/a/answer/60730?hl=ja